×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レスポートサックのショルダーが欲しい 狙い目は・・・

レスポートサックのバッグはショルダーに限らず、限定モデル、イヤーモデルが非常に多いです。言い換えれば「買い逃したらもう2度と手に入らない」可能性が非常に高いです。いいな、と思った商品は積極的にゲットして下さい。もしも使わなくなったらネットオークションなどで売ってしまいましょう。前述の理由から結構高値で取引されています。最近特に人気なのはハワイ限定モデルです。お正月や夏休みにハワイに行く予定のある方は絶対チェックしてみて下さい。国内の直営店や通販、アウトレットで買うよりもはるかに格安でゲット出来ます。ハワイに行けない人もご安心下さい。例年お盆休み明け、お正月明けは大量のレスポートサックのアイテムがネットオークションに流出します。商品がダブ付くので相対的に相場が下がります。買うならこのタイミングです。レスポートサックの直営店や通販は福袋も出ますので、こちらも要チェックです。

レスポートサックのショルダーが欲しい レスポートサックの人気の秘密

レスポートサックは世界各国で展開、販売され、非常に高い人気を誇っていますが、どうしてそれだけの人気を得られているのか。もちろん他にはないレスポートサックだけの理由があります。自社でかかえているテキスタルデザイナーによって、毎月新柄のオリジナルプリントが発表されるということ。これは常にブランドに新鮮さと新陳代謝を与えるだけでなく、ファッションアイテムとしてのポジションを確率する重要な要素です。まずは「形は機能に従う」という哲学に基づく「知的なデザイン」が挙げられるでしょう。つまり、小さなキーポーチから、ショルダーバッグ、大型のボストンバッグに至るまで、単にキレイやカワイイといったデザイン性だけでなく、それを兼ね備えた機能性、使いやすさを両立している点が非常に高い人気の理由のひとつです。そんな機能性とデザイン性を兼ね備えたたくさんの商品の中から、自分のお好みのアイテムを選ぶことが可能なのです。

レスポートサックのショルダーが欲しい レスポートサックとは

レスポートサックは、1974年にアメリカのニューヨークで生まれました。ショルダーで人気のレスポートサックですが、その第一号は市内の小さな工場で制作された非常にシンプルなデザインのダッフルバッグでした。同年後半には、ニューヨークのグリニッジ・ビレッジに第一号店をオープンし、1976年にはレスポートサックの原点とも言えるトラベルシリーズを発表。以後は次々と新作を展開し、近年では2001年のクロマシャイン、2002年からはスペクテイター、モノグラムラインなど、流行と時代を敏感に感じ取ったデザインを展開。その中でも、特に素材と機能性、デザインに対するこだわりは、創立以来33年間変わっていないレスポートサックのコンセプトであります。

Copyright © 2007 レスポートサックのショルダーバッグが大流行中です!!!